37歳になりました

癌を告知されてから2回めの誕生日を迎えた。
ちょうど2年半過ぎ、ずいぶんと体調も精神面も回復してきた。

この2年半は本当に大変で、今も大変な状況は変わらない。
もう10年くらい過ぎたんじゃないかと思う位、色々な事があったしガン前の生活では考えられない事をしてきた。

とても辛い時期だったのは間違いがない。
しかし、そんな中でも小さくとも喜びを見つけることが出来る事を学習出来たのは、私の今後の人生の中で大きな成果だと思う。
また、癌になる前にはやってこなかった事、不出来な事、苦手な事、未熟な面への指摘を受ける事など、まだまだ今後もたくさんあるだろうけど、体力精神力が空っぽの中で様々なしんどい出来事に出会い、なんとかやり過ごした事も大きかったと思う。

私は天秤座で、この2年半は土星という「試練の星」が天秤座にいたという。
今週来週辺りで次の星に移動するらしく、プレッシャーから解放される状態なのだそうだ。
2年半、まさに試練だったと思うし、自分自身よく堪えたと思う。

まだまだ辛い事はたくさんあるだろうし、その中でも喜びを見つけられる様に日々精進が必要だなあと、ため息まじりに思う。
癌闘病期にやめてしまった事がたくさんあり、深呼吸する言葉や俳句、写真、他、またぼちぼちやり始めたい。
このブログも途中で更新が途絶えたのは、ガン闘病から経過観察に至り、その中で様々な人と出会う中で色々考えさせられる事が多々あったから。
もう少し自分の考えをまとめたり調べないと、書けなくなってしまった。そろそろ再開しても良いかな、と思えるタイミングになった。


私がここまで生きながらえたのも、ひとえにそばで、遠巻きに、励まし見守って頂いた方々のおかげです。感謝致します。
機会を与えて下さるとは凄い事なのだと、この2年半で気付かせてもらいました。
しかし、人との出会いはさよならとセットで、たくさんの人と出会い、さよならもその分ありました。
悲しい形のさよならが多かったのが、特に闘病期では辛かった。
もう会えないけど、生きてる限り私は覚えてるよ。ありがとう。


息子が初めて私の誕生日を覚えていたのは、単にパスワードが誕生日だったからじゃないのか?と思いつつ、彼の成長に密かに感動しました。ありがとう。


次のステップを踏むための記録として。